ペニトリンを摂取しても副作用は出ない?

ペニトリンを買う前に読んで!ペニス増大効果は本当にある?

MENU

ペニトリンにはどんなデメリットがある?

ペニトリンにはどんなデメリットがある?

高いペニス増大効果が期待できるということで世界中で話題になっているペニトリンですが、副作用を気にしている男性も多いのではないでしょうか。

 

ペニスの勃起力を回復させる主な医薬品としてはバイアグラが知られていますが、バイアグラには強い副作用があるとされていますので、ペニトリンにも同様の副作用を心配している男性がいるのも仕方のないことなのかもしれません。

 

ですが、ご安心ください。

 

ペニトリンはバイアグラのような医薬品とは異なり、どなたでも安全、安心に摂取することができる健康食品に分類されていますので、副作用を気にする必要はありません。

 

ただし、ペニトリンの摂取にあたってはいくつか注意しなければならないことがあります。

 

以下でペニトリンの注意点を説明したいと思いますので、参考にしていただければと思います。

 

ペニトリンの過剰摂取に要注意

ペニトリンの過剰摂取に要注意

ペニトリンは副作用がない安全なサプリメントとなっていますが、過剰摂取は避けなければなりません。

 

ペニトリンを過剰摂取することによって副作用のような症状が発症してしまう恐れがありますので、十分ご注意ください。

 

では、ペニトリンの過剰摂取でどのような症状が出る可能性があるのでしょうか。

 

ペニトリンに配合されているL-シトルリンとL-アルギニンに分けて見ていきたいと思います。

 

L-シトルリンの過剰摂取

L-シトルリンの過剰摂取

L-シトルリンはスイカやウリなどに含まれている天然成分となっていますので、副作用が出るということはありません。

 

また、L-シトルリンはアミノ酸の一種であり、過剰に摂取した分は体外へ排出されるようになっていますので、過剰摂取については特に心配しなくて良いでしょう。

 

ただし、L-アルギニンを過剰摂取することで下痢になってしまう可能性があります。

 

とはいえ、ペニトリンを摂取し続けるうちに下痢も収まっていくと思いますので、ご安心ください。

 

L-アルギニンの過剰摂取

L-アルギニンの過剰摂取

L-アルギニンも天然成分となっていますので、副作用について心配する必要はありません。

 

ただし、L-シトルリンと同じく下痢になってしまう場合があります。

 

また、注意しなければならないのは、肝臓や腎臓に疾患を抱えている方です。

 

L-アルギニンは副作用の心配がない天然成分ですが、大量にL-アルギニンを摂取すると肝臓や腎臓に大きな負担を与え、命が危険にさらされてしまう恐れがあると言われていますので、十分ご注意ください。

 

ちなみに、ペニトリンのパッケージには目安摂取量が記載されており、その目安摂取量を守っていればL-アルギニンを過剰に摂取してしまうようなことはありません。

 

ペニトリンの公式サイトはこちら